羊から糸へ 糸から製品へ 製品から人へ 大切な繋がり
グ・ランは考えています。

国内や海外のブランド素材を扱う愛知県北西部の尾州産地

愛知県一宮市を中心とした尾州地方は、木曽三川の豊富で良質な水を背景に発達し、世界でも有数の毛織 物産地として栄えてきました。

しかし大正から昭和時代にかけて生産のピークを経た後、社会の景気やファッションの変動により、
他の繊維産地と同じくして尾州も縮小の一途をたどってきました。
それでも尾州にはまだ古い織機・工場・町並み、そして長年毛織物に携わって働いてきた多くの貴重な人材を有しています。

尾州の毛織物は分業制で作られています。 刈った羊の毛から糸を紡ぐ紡績、糸を撚って様々な種類の糸を
作る撚糸、糸を染める染色、デザインをおこし生地を織る製織、織った布を加工して仕上げる整理。
この他にも様々な細かい工程があり、尾州で作られる布にはそれぞれの多くの技術者が携わっています。
天然繊維である毛織物の製造には長年培ってきた毛織物職人の「技」や「経験」に
その多くを頼っていますが、産地の縮小に伴い職人の数も減ってきているのが現状です。

グ・ランの新しい取り組み

残念ながら私たちが織った生地は国内や海外のブランド向けに製造していても
「MADE IN 尾州」とは表記され無いため
国内のウールの産地が一宮である事、海外の有名なブランドのウール生地を製造している事を
日本の多くの方々は殆ど誰も知りません。 国内も海外もブランドが製造していて日本の人の技術や技の素晴らしさが生きている事を知らずに、
誇りを忘れかけています。 縫製が海外であれば最終製品は海外製という表記になってしまう為、
尾州で働く日本人の技術者の存在に消費者は気づくことができ無いのです。

私たちはこの事業を通し、産地や職人さんをアピールをする事で、尾州を初め
日本製の「ウール生地」の存在を改めて、日本の多くの方に知ってほしいと考えています。
ウール産地である一宮の機屋さんのお力をお借りして
弊社は、オリジナルの企画・オリジナルの柄に変えたウールの生地の製造や一宮の良さと、
職人さんとの新たなる作品を、1人でも多くの方々に触れていただきたい思いで この事業を始めました。

グ・ランは、1人でも多くの方が繋がり、日本製のウールの素晴らしさ、
モノづくりの楽しさ、そして素晴らしい生地に囲まれた豊かな生活のお手伝いをしたいと思っております。